きょーのきょーさん

三十路になる男がいろいろ書いていく雑記ブログ

きょーの絵本:おおきなかぶ

言わずと知れた児童文学、出版社の違いで様々なバリエーションがありますね
こん○○わ、きょーさんです

あらすじ

おじいさんはある日かぶを植えました。おいしいおおきなかぶになるように一生懸命育てます
そして大きな大きなかぶが出来上がったのですが…

所感、雑感

保育園、幼稚園~小学校くらいまで幅広く読まれているであろう有名なお話です。かぶを抜くためにどんどん増えていく登場人物が魅力的
何度も繰り返し出てくる「うんとこしょ、どっこいしょ」のフレーズを覚えている人も多いのではないでしょうか

ちょうど子供たちは保育園でおおきなかぶの演劇をした経験があったので、読み聞かせしながら一緒に「うんとこしょ、どっこいしょ」と、言ってくれていました

ちなみに元々はロシアの童話だったそうです

我が家の楽しみかた

上記のように「うんとこしょ、どっこいしょ」遊びをしたり、登場人物の多さを生かして、これはだーれ?と問いかけてみたり。何人で引っ張っているか数えさせてみるのも良いかと思います

単純な内容なので子供と一緒になってゆっくり読んでいける絵本です

まとめ

ベストセラーなだけあって、幅広い年齢の読み聞かせに適した絵本になっています

今回記事のなかで紹介した絵本以外にも、仕掛け絵本になっている物や微妙に和訳内容の違う物もあるらしいので、どんなバリエーションがあるのか調べてみるのもいいかもしれませんね

今日はこの辺で、ではまたー(゚ω゚)ノシ

広告を非表示にする
広告